故障したら

自動ドアの故障には様々な原因がある。特に故障が多いのがセンサー、タッチ故障とモーター故障です。  自動ドアが開かなくなる一番の原因がセンサーもしくはタッチである。タッチが原因の場合は主に電池交換修理で復旧するケースが多いである。  センサーが原因で故障する場合は大抵レンズの清掃もしくはコントロールBOXの修理が必要になる。モーターの故障で修理が必要なケースは摩擦で自動ドアを長年使用することでモーターが削れてしまい空回りすることで発生するのある。  その他では、モーターの焼きつきが発生することがある、こちらも原因は長年使用することでギア部分のグリスが無くなり高温になることでギアが焼けてしまい修理が必要になるのである。

 自動ドアの使用頻度が高い所では1日に何百回と行き来するのです。その為、定期的なメンテナンス作業が必要になるのである。  メーカーによる保守対応が充実している所が多く修理した際の対応、定期メンテナンスを組み入れて契約するメーカーも多くあります。保守するうえでメリットは故障を事前に発見することで大きな事故を防ぐのです。消耗する部品に関しても未然に保守対応で確認することが出来るので交換がスムーズに行われるのです。故障した際には有償部品でも保守契約を結んでいることで価格が安くなることがあり修理も迅速に対応してくれるのである。自動ドアを購入する際は契約内容を確認して定期的なメンテナンスが入っているプランがお勧めである。