義務について

賃貸住宅に住むと原状復帰という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。原状復帰とは元の状態に戻すことです。自分が借主だった場合、賃貸住宅はあくまで人から借りたものなので、家から退去するときに壁に穴が開いていたり床がへこんでいたりしてはまずいわけです。 そこで現状復帰義務というものが借主にはあります。借主は経年劣化で色あせた壁紙などは直す必要はありませんが、例えば壁に穴が開いている場合は直さねければなりません。どうしても直せない場合は貸主が業者を呼んで借主から預かった敷金で修理代として充当します。最近は敷金をもらっていない貸主もいるので、今後は最初の段階でクリーニング代として借主からもらう金額がやや増えるかもしれません。

借主は原状復帰義務というものを意識し出すと、果たしでどこまで原状復帰をしたらいいのかを考えるでしょう。原状復帰と言っても自然に劣化したものに関しては直す必要はありません。先ほどの壁紙の色が劣化して汚れてきた場合などはその例になります。 逆に原状復帰をしなければならないところは、釘で穴を開けた場所などです。あるいは収納が少ないからと棚などを設置した場合は元通りに戻さなければなりません。それならばできるだけ入居の段階で釘を使ったりしない形で棚を作ればいいということになります。 例えば釘を使わずに棚を固定する方法は、壁に跡が残りにくいテープで固定するのも一つの方法になります。こういったちょっとした工夫で敷金がそのまま戻って来るのです。